ケバ取り・文字起こしの依頼方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケバ取りまで行ってくれる文字起こしを依頼したい。でも、日頃、文字起こしサービスを利用していない方には、どうやって発注すればよいかわかりずらいかもしれません。そこで、ケバ取りまで行う文字起こしの依頼方法についてご案内します。

ケバ取りを含む文字起こしを業者に頼むには

ケバ取りは不要な言葉を取り除く作業

はじめに、ケバ取りの作業について簡単にご説明します。ケバ取りとは、文字起こしした文章について、明らかに不要な言葉や声を削除する作業のことを言います。

たとえば、「あー」「えー」「まあ」などの感動詞や、言葉の言い間違え、言い淀み、会話中に意味なく頻繁に打たれる相づちなどです。

話し言葉はケバの増加が避けられない

文字起こしの対象となる音声の特徴は、話し言葉を録音したものだということです。書き言葉と異なり話し言葉は、無駄な言葉や声、つまりケバが多くなってしまいがちです。また、話が上手な人・下手な人、かたいテーマの講演会とラフな座談会など録音シーンによっても、ケバの多い少ないは違ってきます。

しかし、アナウンサーが原稿を読んでいるような、ほとんどケバがない音声というのは非常にまれです。そこで、起こした文章を読みやすくするために、文字起こしでは通常、ケバ取り行います。

ケバ取りを行う文字起こしの依頼方法

当オフィスでは、ケバ取りまで行う文字起こしは「標準コース」でお受けしております。その依頼方法について、順を追ってご説明します。

  1. サイト内のお申込みフォームを開きます。
  2. フォームの「コース選択」で「標準コース」を選びます。
  3. そのほかのフォームの必要事項をすべて記入します。
  4. 内容確認し、当オフィスへ送信します。

以上で、ケバ取りまで行う文字起こしの依頼は完了です。お客様から依頼が届きましたら、当オフィスの担当スタッフが、料金や納品、音声データのやり取りなどについてメールで返信いたします。また、見積もりの依頼も、同じお申込みフォームからできます。

文字起こしサービスについて

本記事では依頼方法をご説明しました。そのほか当オフィスの文字起こしサービスについては、下記のリンクから各ページをご覧いただけます。くわしく知りたい項目について、本記事と合わせてご覧ください。

起こし方

音声から文字への起こし方についてご案内します。

コース

「標準」「リライト」の2つコースについて。

依頼フォーム

文字起こしの発注と見積もりのお申込みフォーム。

無料見積

文字起こしの無料見積もりについてご案内します。

料金

文字起こしの料金や計算方法についてご案内します。

サービス案内

文字起こしサービス案内のトップページです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。