テープ起こし文書作成はExcel(エクセル)でも可能

「テープ起こしした文書をExcel(エクセル)で作成できますか」というお問い合わせが、当事務所にもときどき寄せられます。それほど多いご要望ではありませんが、年々、少しずつ増えているようにも思えます。そこで、Excelでの文書作成について、その詳細や当事務所の対応についてご説明いたします。

Excelでのテープ起こし文書作成について

Excel(エクセル)を使ってテープ起こし文書を作成できるのか。なぜ、WordではなくExcelを希望するのか。そして肝心の、当事務所のExcel対応についてまとめてみました。

テープ起こし文書作成はWordが一般的

テープ起こしは録音音声をテキスト化するわけですから、通常は文書作成ソフトを使うのが一般的です。

文書作成と言えば昔はワープロ専用機の時代があったり、パソコンが普及し始めてからは「一太郎」など、文書作成ソフトも流行り廃りがありました。

その後、Windowsの登場とともに、文書作成ソフトもMicrosoft Word(マイクロソフト・ワード)がシェアを拡大し、いまや独り勝ちと言ってもいいくらい定番の文書作成ソフトになっています。

したがって、テープ起こしの文書もWordで作成するというのが当たり前になっていますし、Word文書で納品してクレームを言ってこられるお客様も今ではほぼおられません。

Excelでの対応について

テープ起こし文書の作成はWordが一般的であると記しまたが、じつはExcel(エクセル)での文書作成を希望されるお客様もいらっしゃいます。テープ起こしのご依頼全体からみるとExcel希望は1割もないと思いますが、しかし確実にいらっしゃいます。さらに、若干ですが、当事務所ではExcelを希望されるお客様が増えているようにも思えます。

Excelでのテープ起こし文書作成します

「Excelを希望する人がいるのは分かったけど、それで結局、テープ起こしはできるの?できないの?」というのが本題ですね。

結論を申し上げると、私ども佐藤編集事務所ではExcelでのテープ起こし文書作成もお受けしております。

テープ起こしを発注時に、Excel(エクセル)での文書作成を希望される旨をお伝えください。Excelでのテープ起こし発注については、この記事の最後にあらためてご案内いたします。

テープ起こし料金・納期も通常どおり

Excel(エクセル)を使用した際のテープ起こし料金については、通常料金と同じです。つまり、Wordで文書作成したときの料金と変わらないということです。

Excelで文書作成すると料金が上がるということはありませんので、ご安心ください。

納期につきましても、通常の納期と変わりません。つまり、Wordで文書作成したときと同じ納期ということです。

繁忙時などは通常より作業日数を必要とすることもありますが、それはExcelだからということではないです。

見本のフォーマットがあれば尚可

Excel(エクセル)は本来、表計算のソフトになります。それをテープ起こしの文書作成に使用するということです。

ですから、非常に複雑なフォーマットの文書ですと、作業に手間と時間が多くかかってしまいます。ですから、複雑なフォーマットや非常に細かい指定の文書作成になりますと、お受けできかねる場合もありますのでご了承ください。

当事務所ではExcelを毎日使っていますが、ふだんは経理や業務管理など事務系の仕事での使用になります。Excelでどんなフォーマットのテープ起こし文書作成も簡単にできるというわけではないので、その点はご理解いただけますようお願いいたします。

すでに何度かExcelでのテープ起こし文書作成を依頼されたことがあるようでしたら、見本のフォーマットをご依頼時に送っていただけると助かります。

なぜExcelでテープ起こしなのか

テープ起こし文書をExcel(エクセル)で作成してほしいというお客様は、誰が、どのような理由からExcelを指定されるのでしょうか。

当事務所でも発注者のプロフィールや依頼目的を正確に把握しているわけではありませんが、傾向としては大体以下のようになります。

Excelを望むのテープ起こし依頼者

まず、「誰」についてですが、Excel(エクセル)でのテープ起こし文書作成を望まれるのは、下記のような方々になります。

  • 大学・大学院・研究機関の研究者
  • 企業の開発や研究部門の方
  • 市場調査を行う企業、団体の方 etc.

もちろん、上記の方々のすべてがExcelのテープ起こしを希望されるわけではありませんが、やはり研究関係の方が多いです。言い方を変えると、上記以外の方でExcelを希望される方はほとんどいません。

なぜExcelがよいのか

次に、なぜWordではなくExcelがよいのか、についてです。

  • 研究の資料として利用しやすい
  • データ分析や会話分析の際に利用しやすい
  • WordよりExcelのほうが使い慣れている etc.

このほかにも理由はあるかもしれませんが、私どもで把握しているのは上記のような理由になります。

まとめると、大学や研究機関・部門などの方で、研究や調査のためにテープ起こしした文書を利用されるという際に、Excelの文書を望まれることがあるようです。

Excelでのテープ起こしを依頼するには

Excel(エクセル)でのテープ起こしについて、ここまでご説明してきました。ここからは、どうやってExcelのテープ起こし文書作成を依頼すればいいか、具体的にご案内いたします。

お申込みフォームから発注できます

Excel(エクセル)でのテープ起こしを当事務所へ発注される場合は、当サイト内に設置しているお申込みフォームをご利用ください。

フォームに必要事項をご記入いただき、フォームの最下段にあるメッセージ欄に「エクセル希望」と必ず明記ください。

通常はWord(ワード)で文書作成しておりまので、Excel(エクセル)での文書作成を希望される場合は、その旨を必ず記していただけますようお願いいたします。

テープ起こしのお申込みフォーム

無料見積りもお受けしております

下記にもテープ起こしの発注および無料見積りのご案内を掲載しております。

発注はもちろん、とりあえず見積りを希望される方も、同じフォームから申し込めますので、よろしければご利用ください。お見積りは無料です。

なお、WordでもExcelでもテープ起こし料金は変わりません。しかし、Excelを希望の方にはフォーマットの有無などを確認させていただく場合もありますので、できればお見積りを頼まれる際に「エクセル希望」と書き添えていただけると助かります。

【格安料金】テープ起こし発注・無料見積

当サイトの専用フォームから、テープ起こしの発注および無料見積を今スグにお申込みできます。テープ起こしの専門オフィスである佐藤編集事務所では、30年以上にわたり格安料金でのサービス提供を続けております。

  • ●業界水準より低い格安料金です
  • ●料金支払は納品後の後払いです
  • ●お見積りは無料です

 

リーズナブルな料金で高品質のテープ起こしをお探しでしたら、ぜひ当事務所のテープ起こしをご利用ください。「テープ起こし発注/無料見積」のボタンをクリックすると、お申込みフォームへ移動できます。


テープ起こし発注/無料見積

SNSでもご購読できます。