文字起こし実績 | お客様の分野・業界・業種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当オフィスは30年以上にわたり、文字起こしサービスを全国のお客様にご提供しております。
さまざまな分野・業界・業種からご利用いただいており、下記におもな実績をご紹介します。

当オフィスの実績について

文字起こしご利用者の分野・業界

学術関連の文字起こし利用者

大学、大学院、研究所、学会 等

大学などで行われる研究・調査の一貫として実施されるインタビューや、各種の学会が主催するシンポジウム、講演会などの文字起こしをお受けしています。

医療関連の文字起こし利用者

医療・看護系大学、病院、歯科医院、介護施設、社会福祉協議会、医療関係の企業 等

医療・介護従事者の講演・インタビュー・座談会、医療系学生や患者インタビュー、病院内の会議などの文字起こしをお受けしています。前項目の「学術関係」に含まれる内容も多いです。

出版・メディア関連の文字起こし利用者

出版社、広告代理店、広告制作会社、番組制作会社、一般企業の広報部、印刷会社 等

書籍・雑誌・各種印刷物・デジタルコンテンツを制作するために行われる、インタビュー・対談・座談会・講演などの文字起こしをお受けしています。

一般企業関連の文字起こし利用者

出版、広告、IT、流通、サービス、通信販売、通信教育、医療、製造、建設、コンサル企業 等

大企業から中小企業まで規模の大小を問わず、さまざまな分野の企業から依頼の文字起こしの依頼があります。

政治・行政関連の文字起こし利用者

官公庁、地方自治体、公益法人、公的団体、NPO、NGO 等

都道府県や市町村の議会、自治体主催のイベント、教育委員会等の公的機関・団体の会議、住民向けの説明会などの文字起こしをお受けしています。

個人・その他の文字起こし利用者

個人事業主、研究者、編集者、ライター、士業、民間団体、宗教法人、組合、学生、一般個人 など

受注実績全体の割合から見ると少ないですが、個人やさまざまな組織・団体から依頼の文字起こしをお受けしています。

文字起こしの音声内容

文字起こしの対象となる音声(または動画)の内容としては、インタビュー、対談、座談会、会議、講演会などが多いです。上記の「文字起こしご利用者」でも説明していますが、もう少し詳しい具体例をご紹介します

学術関連の音声内容

研究・調査のために行われるインタビュー、学会での講演、研究発表、パネルディスカッション、ワークショップ、大学での講義、学内での会議、オーラルヒストリーのインタビュー など

医療関連の音声内容例

病院内の会議、医療関係の講演会、健康フォーラム、治験報告、医師・歯科医師・看護師など医療従事者の講演・インタビュー、医療・看護系の学生や教員へのインタビュー、患者・家族へのインタビュー など

出版・メディア関連の音声内容
書籍・雑誌・新聞・広報誌など紙の印刷物のほか、電子書籍・ホームページ・ブログやSNS記事などデジタルコンテンツ作成を目的とする、インタビュー・対談・座談会・講演など。

一般企業関連の音声内容

社内会議、販促や広報の制作物に使用するためのインタビュー、企業主催の講演・セミナー、WEB会議、朝礼、社員カウンセリング、社内トラブル事情聴取、社史インタビュー、グループインタビュー、ユーザー会議 など

政治・行政関連の音声内容

地方議会、役所内の会議、教育委員会の会議、住民向け説明会、大臣挨拶・講演、議員挨拶・講演、首長挨拶・講演 など

個人・その他の音声内容

パワハラ・セクハラの聴取や話し合い、浮気調査・家庭内トラブルの録音、電話の会話、文化人・歌手・アイドル・スポーツ選手の講演・インタビュー、テレビ・ラジオ番組、法話、説教 など

動画からの文字起こし

上記で掲載した音声の多くは、ICレコーダー(ボイスレコーダーまたはスマートフォンの録音アプリ)などで録音されることが多いです。しかし、当オフィスでは音声のみのデータではなく、動画中の音声から文字へと起こすこともよくあります。

たとえば、ビデオカメラで撮影した動画、オンライン上で行われた会議・講演会・インタビューなどを録画した動画、YouTubeにアップされた動画などがあります。

とくに近年は、新型コロナウイルスの流行拡大をきっかけに、Zoomなどを使って行われた会議・インタビュー・座談会などの動画文字起こしの依頼が増加しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。