文字の起こし方

テープ起こしを行う際に、録音音声から文字への起こし方について、くわしくご説明いたします。

コース別、起こし方の詳細

当事務所のテープ起こしには、「標準コース」と「リライトコース」の2つのコースがあります。それぞれのコースについて、文字の起こし方を表にまとめましたので、ご参照ください。
※各コースについては「テープ起こしコースのご案内」をご覧ください。

音声から文字への起こし方

標準コースの起こし方

テープ起こし「標準コース」では、録音音声を聞こえたまま文字に起こして、ケバ取りまで行います。

「ケバ取り」とは、「あー」「えーと」などの話の内容と関係のない無駄の声や言葉を取り除くことを言います。話し言葉を文字化するテープ起こしにおいては、文章を読みやすくするうえで、ケバ取りは大切な作業になります。

ちなみに、お客様の8~9割が標準コースをご利用されています。どのコースを選べばよいかわからないときは、標準コースをお選びください。

リライトコースの起こし方

テープ起こし「リライトコース」では、標準コースで起こした文章を、さらに読みやすく仕上げます。文末を不自然にならない程度に「です・ます調」で統一したり、文章として読みづらい箇所を修正したりします。

どこまでリライト(整文)するかは、話の内容も考慮しています。たとえば、かたいテーマの講演と、やわらかいテーマの話を和やかな雰囲気で語り合う対談では、起こし方も変わってきます。

逐語起こしについて

テープ起こしには、逐語起こし(あるいは素起こし)といって、ケバ取りをせずに音声を聞こえたまま文字化する起こし方もあります。研究や調査用などのテープ起こしでは、逐語起こしが必要になることもあります。

当事務所でも逐語起こしをご希望の場合は、対応しております。お申込みフォームで「標準コース」を選択いただき、フォームのメッセージ欄(自由記入欄)に「逐語起こし」希望とご記入ください。料金は標準コースと同じで、200円/分になります。