テープ起こし音声送付に便利なファイル転送サービス

これからテープ起こしを発注しようという方で、「録音した音声は、どうやって送ればいいのだろう」と疑問が生じている方もおられると思います。できれば、簡単で、速く届いて、さらに安く、音声を送れれば尚いいですよね。

そこで、ここでご案内する音声送付の方法を実践いただけましたら、「簡単」「速い」「安い」のすべてを実現することが可能です。なお現在、ここでご案内する音声送付方法は、実際にテープ起こしを依頼される方の多くが行っている方法になります。

ファイル転送サービスのご案内

テープ起こし音声のメール添付はほぼ無理

テープ起こしに出す録音音声を業者(作業者)に送るには、大別するとインターネットを利用して送るか、郵送するかになります。ここでは、インターネットを利用する方法についてご案内します。というと、「ああ、音声ファイルをメール添付して送るんだな」と思われる方もおられるかもしれません。

しかし、テープ起こしの対象となる音声は、メール添付で送ることはほとんどありません。というか、「送れない」といったほうが正しいでしょう。

テープ起こしの音声は、録音時間が短いものでも数十分、長いものですと数時間に及びます。したがって、録音機器や録音設定にもよりますが、音声ファイルの容量が結構大きくなります。だいたい数十MBから数百MBくらいになるのが普通です。

一方、メールに添付できるファイルサイズですが、これもいろいろ条件によって変わってはくるものの、せいぜい数MB程度が添付できる限界あるいは推奨される範囲になります。

つまり、テープ起こしの対象になる音声はサイズが大きすぎて、メール添付では送れないケースが大半になるということです。

大容量でも送れるファイル転送サービス

さて、それでは大容量の音声ファイルを送るにはどうしたらよいでしょうか。そこでご紹介するのがファイル転送サービスです。

その大まかな仕組みは、ファイル転送サービスを提供しているサイトにアクセスし、音声などの大容量ファイルをWebサイトにアップロードします。受信者にそのリンク先を通知し、そこからダウンロードして受け取ってもらうというサービスです。無料または有料のサービスがあります。

インターネット上にはファイル転送サービスを提供しているサイトが多数存在します。各サイトによって送れる容量に違いはあるものの、数十MBから容量無制限までさまざまあります。また、会員登録や有料会員など選択するプランによって、送れる容量に差を設けているサイトも多いです。

テープ起こしの対象となるのは録音した音声がほとんどですが、中には動画から文字に起こすこともあります。一般的には動画のほうが音声より容量が大きくなりがちですが、大容量に対応のファイル転送サービスであれば動画も送ることが可能です。

ファイル転送サービスのメリット

ファイル転送サービスには、メリットがいくつかあります。まず、スピードです。ファイル転送サービスを普段利用している方ですと、音声をアップロードして送付先にメールでリンク先を送るまで、ほんの数分もあれば完了できます。それくらい速くて簡単だということです。

もちろん、ファイル転送サービスを初めて利用される方もいらっしゃると思います。初めての利用ですと、あれこれ説明を読みながら試行錯誤するかもしれません。それでも、パソコンがかなり苦手という方でなければ、まあ10~20分もあれば送れるでしょう。普段からパソコンを使い慣れている若い方でしたら、初めての利用でも数分で送れます。

ちなみに、私は経験がありませんが、スマートフォンからもファイル転送サービスは利用できます。

まだファイル転送サービスがなかった、あるいは普及していなかった頃は、テープ起こしの音声送付といえば、テープやCDやUSBメモリなどを、郵送や宅配便で送るのが一般的でした。この方法だと、速くても翌日着です。さらに、土日祝を挟んだり、遠方からの送付だったり、夕方に出すとその日の集配に間に合わなかったり、なんだかんだで到着まで2~4日はかかってしまうのが当たり前だした。

ファイル転送サービスであれば、ほんの数分か、せいぜい数十分ですから、そのスピードは圧倒的に速いといえます。しかも、郵便物を梱包したり郵便局やポストに行ったりする手間もいりませんし、24時間いつでも都合のよいときに送ることもできます。

また、料金についても、ファイル転送サービスは有料プランもありますが、基本的には無料で利用できます。

一方、音声ファイルをUSBメモリに入れて普通郵便で送れば82円(記事執筆時点)かかります。さらに、貴重な音声を普通郵便で送る方はむしろ少なく、大抵は書留やレターパックを使用したり、宅配便で送ったりする方が多いです。そうすると、送料は数百円はかかってしまいます。ファイル転送サービスは無料ですから、比べてしまうと、やはり利用したくなるのも当然でしょう。

ファイル転送サービスのサイト案内

ファイル転送サービスを利用するには、インターネット上にサービス提供しているサイトが多数あります。「ファイル転送サービス」や「オンラインストレージ」などで検索すれば、簡単に見つかります。

当事務所で特に推奨、あるいは提携しているようなファイル転送サービスはありませんが、以下のようなサイトがあります。

データ便

登録不要で500MBまで、会員登録すれば2GBまで無料で送れます。また有料プランは、転送容量が無制限です。

GigaFile(ギガファイル)便

登録不要で1ファイル100Gまで(個数無制限)無料で送れます。

なお、各サービスの内容は変更されることもありますので、最新の情報はリンク先のサイトで必ずご確認ください。

ファイル転送サービスを使えない場合

ここまで、ファイル転送サービスについて、仕組み、メリット、具体的なサービス提供サイトなどをご説明してきました。ファイル転送サービスがいかに便利なものであるかご理解いただけたかと思います。実際、当事務所にテープ起こしを依頼される場合においても、多くのお客様がファイル転送サービスを利用されています。

しかし、なかにはファイル転送サービスを使用されていないお客様もいらっしゃいます。その理由はおもに2つあります。

1つめは、職場などの規定で、ファイル転送サービスを利用できない場合です。これはファイル転送に限りませんが、インターネット上で提供されているサービスを、個人の判断で利用することをセキュリティ上の観点から禁じている会社や団体もあります。

なかには、こうしたデータの受け渡し用に、自社(団体)で用意した専用サーバーを利用するお客様もいらっしゃいます。

2つめは、パソコンが苦手という方です。テープ起こしをご依頼される方は、パソコンやインターネットに慣れた方ばかりではありません。おもに年配の方になりますが、「ファイル転送サービスのサイトを見たけどよくわからない」とか「パソコンが得意ではないので、使うのがちょっと怖い」という方もおられます。

上記のように、なんらかの理由でファイル転送サービスが使用できない場合は、郵送や宅配便をご利用ください。

本記事では、ファイル転送サービスに好意的な内容を記してきましたので、「使わないとダメなのかな?」と思われている方もおられるかもしれませんが、決してそんなことはないです。

職場の都合で使用不可という方はもちろんですが、個人的にも使用に不安がおありでしたら、無理せず郵便や宅配便をご利用ください。

録音音声を収録したカセットテープ、MD、CD、DVD、USBメモリなどの記録媒体を、当事務所宛に送っていただけましたら、速やかに文字化いたします。

音声送付についてご不明点はお問合せください

以上、ファイル転送サービスについてご説明させていただきました。もし、当事務所にテープ起こしを依頼される際に、音声送付についてご不明な点がありましたら、いつでもお問い合わせください。

なお、各ファイル転送サービスの使い方や内容に関するご質問は、利用されるサイトに直接お問い合わせいただけますよう、お願いいたします。

※ファイル転送サービスや音声送付についてはわかったので、当事務所へテープ起こしをすぐに発注または見積りを頼みたいという方は、お申込みフォームからご連絡をお願いいたします。
▼下記にもテープ起こしの発注・無料見積りのご案内がございます。こちらからもお申込みフォームへリンクしております。

【格安料金】テープ起こし発注・無料見積

当サイトの専用フォームから、テープ起こしの発注および無料見積を今スグにお申込みできます。テープ起こしの専門オフィスである佐藤編集事務所では、30年以上にわたり格安料金でのサービス提供を続けております。

  • ●業界水準より低い格安料金です
  • ●料金支払は納品後の後払いです
  • ●お見積りは無料です

 

リーズナブルな料金で高品質のテープ起こしをお探しでしたら、ぜひ当事務所のテープ起こしをご利用ください。「テープ起こし発注/無料見積」のボタンをクリックすると、お申込みフォームへ移動できます。


テープ起こし発注/無料見積

SNSでもご購読できます。