自分史・ライフストーリーをテープ起こしで作成する

自分史の自費出版がひところブームになりました。今も、自分史やライフストーリーを残したいと希望される方は少なくないようです。また近年は、自分史を電子書籍などデジタルコンテンツとして作成する方もいらっしゃいますね。

そんな自分史の作成に、テープ起こしを利用される方が増えています。なぜテープ起こしを利用するのか、さらにテープ起こしを使った自分史作成法についてもご案内します。

自分史をテープ起こしで簡単作成

自分史・ライフストーリーとは

「自分史」とは、自分自身の生涯や半生の出来事を文章にまとめたものをいいます。著名人などの自叙伝や立志伝に対し、一般の人が自分の人生をまとめたものを指すことが多いです。おもに、出版に関連した言葉として使われます。

一方、「ライフヒストリー」は、個人が過去の生活や生涯について語ったストーリーで、「生活史」や「個人史」と呼ばれることもあります。社会学や人類学など学問の用語として出てくることが多いです。

上記のとおり、自分史とライフヒストリーは、若干それぞれの定義や使われ方が異なりますが、個人の生涯や生活をまとめたものという広い意味では、ほぼ同義といってもいいでしょう。

この記事では、それぞれの名称が示す定義の細かい差異はあまり問題にならないので、以下は「自分史」に統一して話を進めたいと思います。

自分史の出版は根強い人気がある

「自分史」という言葉が普及したのは、1975年に歴史家の色川大吉氏が『ある昭和史-自分史の試み』を発表したのがきっかけと言われています。

以来、中高年者を中心に、自分史を自費出版する人が増えました。それにともない、自分史出版のノウハウを教える書籍が発行されたり、カルチャーセンターで講座が開講されたり、自分史ブームといえるような社会現象になりました。

いま現在はブームと言えるほどではないかもしれませんが、相変わらず自分史のカルチャー講座や教室は各地で開催されていますし、自費出版会社の広告もよく目にします。自分史の出版は今も根強い人気があると思われます。

自分自身の生涯をかたち(本)として残したい、生きた証を残したい、自分の家族や関係する人たちに伝えたいことがある等々、こうした人の想いというのは、いつの時代にも共通する願望なのではないでしょうか。

自分史を書くのは大変という方に

自分史は何十年にも及ぶ自身の生涯について書き記すことになります。原稿用紙に何枚以上は書かないとダメという決まりはありませんが、それなりにまとまった量になります。

そうなると、「自分史をつくりたいけれど、原稿を書くのが大変そうだ」という方もいらっしゃいます。自分史はけっして美文名文である必要はないと思いますが、そうは言っても普段から文章を書き慣れていないと、なかなか大変な作業になります。

テープ起こしを利用した原稿作成がお勧め

そこでお勧めするのがテープ起こし(文字起こし、反訳なども同意)です。テープ起こしは、人の話を録音して、それを文字へ起こす作業になります。

つまり、自分史に書きたい内容を自ら語り、その録音音声をテープ起こしして原稿にするということです。

この方法であれば、どんなに文章を書くのが苦手な方でも、まとまった量の原稿を作成することが可能です。

参考までに、1時間の録音音声をテープ起こしすると、話すスピードなどにもよりますが、大体1万8千~2万字ぐらいになります。薄めの文庫本ですと10万字ぐらいですから、それくらいのボリュームの自分史をつくろうと思ったら、最低でも5~6時間は話を録音する必要があるということです。

ただし、テープ起こしした文章は、そのまま何も手を加えずに原稿になればいいですが、よほど上手に語った話でなければ、実際にはそこまで完成されたものではないです。どうしても無駄な部分や、文字にするとおかしな言い回しや、あるいは話し忘れている事柄も出てきます。

そこで、テープ起こしした文章は推敲する必要があります。しかし推敲というのは、あれもこれもと直しているとキリがない作業なので、あまりこだわりすぎないのもコツのようです。あくまでも自分史であり、市販の書籍のような完成度を目指す必要はないでしょう。もちろん、徹底的にこだわってつくりたいという方は、納得いくまで推敲を重ねてください。

録音前の準備が大切

前項目では推敲について述べました。文字に起こした文章の完成度を高めるうえで、もう一つ重要なポイントがあります。それは、録音前、つまり自分の生涯を話す前の準備です。

どんなテーマでもそうですが、「〇〇について自由に話してください」と言われて、話の構成、文脈、細かい事実関係など、準備もなしに完璧に話せる人はそうそういないものです。

ですから、いくら自身のこととはいえ、漠然と自分の生涯を語りはじめても、なかなかまとまった内容にはなりません。

どうでもいい話を延々と語ったかと思えば、人生において重要な出来事が数行しかなかったり、話し忘れがあったり、記憶が曖昧でしどろもどろになってしまったり等々、後でテープ起こしした文章を見て思わず苦笑するようなことになりかねません。

これを防ぐには、録音前にしっかりと準備を整えておくことが大切です。

たとえば、自分史年表、プロフィール、大きな出来事などを書き出しておいたりします。そして、自分史の目次、話す順番を作っておき、それに沿って話していくと、テープ起こしした文章も無駄がなく、まとまりがある内容になります。

「どうせ推敲するなら、録音時は適当に話してもいいんじゃないの?」という考え方もあるかもしれません。しかし、プロの編集者ならともかく、文章量が多くなると、素人が後から手を加えるのは結構面倒な作業になってしまいます。録音前の準備はしっかりやっておくのは、結局のところ、自分史を効率よく完成させる近道になります。

テープ起こしは誰が行うか

これまで、自分史を作成するのに、テープ起こしを利用するとよいというお話をしてきました。

さて、ここで録音が済んだ後の音声を、テープ起こしする作業が生じます。このテープ起こしを誰が行うか。もちろん、ご自身で行ってもよいでしょう。

ただ、テープ起こしは思いのほか根気のいる作業であることは、覚悟しておいたほうがよいです。

タイピングの速さや録音内容にもよりますが、録音1時間の音声をテープ起こしするのに、6~8時間ぐらいはかかります。1日に6~8時間、音声を聞きながら文字を打ち続けるというのは、慣れていない方には結構きついです。

そこで、多忙でテープ起こしの作業時間を確保できない方、文字入力が苦手な方、長時間のデスクワークに耐えられそうもない方は、テープ起こしの専門業者に頼んだほうが賢明です。餅は餅屋といいますからね。

当事務所でもサポートいたします

当サイトを運営している私ども佐藤編集事務所も、テープ起こしの専門業者になります。テープ起こしに30年以上携わっており、自分史を作成される方からお預かりした録音音声の文字化にも、多数の実績があります。

当事務所にテープ起こしを発注される場合は、サイト内に発注用のお申込みフォームがありますので、そちらからお申込みください。

また、本ページの下記にも、テープ起こしの発注、無料見積りに関するご案内を掲載しております。お申込みフォームへもリンクしていますので、よろしければご利用ください。

【格安料金】テープ起こし発注・無料見積

当サイトの専用フォームから、テープ起こしの発注および無料見積を今スグにお申込みできます。テープ起こしの専門オフィスである佐藤編集事務所では、30年以上にわたり格安料金でのサービス提供を続けております。

  • ●業界水準より低い格安料金です
  • ●料金支払は納品後の後払いです
  • ●お見積りは無料です

 

リーズナブルな料金で高品質のテープ起こしをお探しでしたら、ぜひ当事務所のテープ起こしをご利用ください。「テープ起こし発注/無料見積」のボタンをクリックすると、お申込みフォームへ移動できます。


テープ起こし発注/無料見積

SNSでもご購読できます。