電子書籍をテープ起こしから安く、速く、簡単につくる

電子書籍をつくって、インターネット上で販売したい、自分史を残しておきたい、研究の成果をまとめておきたい、顧客や見込み客の獲得などビジネスに役立てたい。このように様々な理由で電子書籍を作成したいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

しかし、電子書籍をつくるのは大変そうだし、お金や時間もかかりそうだと、一歩踏み出せない方も少なくないと思います。

そこで、おすすめしたいのが、テープ起こし(文字起こし)を使った電子書籍の作成です。文章を書くのが苦手な方も、忙しくて時間がない方も、予算が少ない方も、テープ起こしを利用すれば、速く、安く、簡単に電子書籍をつくることができます。

実際、この方法で電子書籍を作成して、アマゾンなどで販売している出版社や、自サイトなどで発表したりしている個人の方もいらっしゃいます。また、作成した電子書籍を、自社の商品やサービスのマーケティングに活用されている企業や個人事業主も、いまや珍しくないです。

電子書籍をテープ起こしで

原稿作成にテープ起こしを利用するメリット

電子書籍を作成するにあたり、まずは原稿を用意する必要があります。この原稿作成に、テープ起こしを利用することのメリットについてまとめてみました。

「低予算」で作成できる

原稿は自社(自分)で執筆できればいいですが、そんな時間も能力もないという場合は、編集プロダクションやプロのライターに原稿作成を依頼することになります。

しかし、作成したい電子書籍の原稿量や求めるクオリティーにもよりますが、本1冊の原稿となると、外注すれば安くても数十万円はかかるのが普通です。さらに取材や撮影、それから図版やイラスト、表紙やページのデザインなども発注したりすると、どんどん費用は増えていきます。100万円を軽く超えてしまうこともあるでしょう。

そこで、原稿作成を外注せずに、自社(自分)でテープ起こしから原稿作成をすれば、費用は大幅に節約することが可能です。とにかく制作費用を抑えたいというのであれば、テープ起こしの利用は大いに役立ちます。

「速く」「簡単」に作成できる

電子書籍の原稿作成を外注したとしても、本1冊分となればそれなりに時間はかかります。まして自社(自分)で素人が原稿執筆するとなったら、いつ完成するかわかりません。それでも会社の業務ということでしたら、時間がかかっても頑張って仕上げるかもしれません。でも、個人で電子書籍を出したいと方ですと、原稿を書き始めても途中で挫折する可能性も高くなります。

テープ起こしを利用した原稿作成は、録音音声を文字に起こして原稿にするので、制作期間をかなり短かくできます。原稿を書いてまとめる労力も削減できますから、簡単に原稿が出来上がります。もちろん、テープ起こしした原稿はそのままでは読みづらかったり、内容が不十分だったりします。そこで、起こした文章を加筆・修正する必要がありますが、まったくのゼロから原稿を書くのに比べたら、圧倒的に速くて簡単です。

電子書籍をテープ起こしから作成する手順

テープ起こしから電子書籍を作成するのに、決まった方法があるわけではないです。しかし、何も作成のガイドがないと、どこから手をつければよいかわからないという方もおられるでしょう。そこで、電子書籍を作成する手順の一例をご紹介します。

電子書籍作成の流れ

テープ起こしを利用した電子書籍作成のおもな流れは、以下のとおりです。

  1. 電子書籍の仮題と目次を作る。
  2. 目次に沿って話を録音する。
  3. 録音した音声をテープ起こしする。
  4. 起こした文章を加筆・修正する。
  5. 目的や予算に応じて編集・デザインする。
  6. 電子書籍化し発表または発売する。

電子書籍の仮題と目次を作る

電子書籍を作成されたいという方でしたら、どんな内容にしたいのか、おおまかな構想は頭の中にあると思います。ただ、漠然としたテーマだけで話を録音し始めると、途中で話がまとまらなくなったり、無駄な部分や内容の重複が多くなったり、逆に大切な部分を話し忘れたりしがちです。

そこで録音を始める前に、電子書籍の仮題をつけて、本の目次を作成します。特に、目次は大切で、電子書籍の内容として書きたい項目は漏れなく入れるようにします。細かすぎるぐらいの目次でちょうどいいです。できれば、録音時に話をする人(著者)が目次を作成するほうがよいでしょう。

目次に沿って話を録音します

目次ができたら録音を開始します。電子書籍を作成するために時間を取って録音するほうがいいですが、場合によっては、何かのイベント時の講演、講義、発表などを録音する方法もあります。

必要な録音時間は、電子書籍のボリューム(頁数)により異なります。目安としては、普通の速さで話した音声をテープ起こしすると、音声1分あたり300字ぐらいになります。うすい文庫本が10万字ぐらいですから、同程度の電子書籍であれば、計算上は約333分(約5時間半)の録音時間が必要ということです。

電子書籍の場合、内容や出版の目的によっては、紙の本のような文章量(頁数)は必要ないことも多いので、録音時間はさらに短く済みます。

ただし、これはあくまで計算上のことです。実際には、話すスピードがゆっくりな人もいれば、無駄な内容や重複が多い人もいます。最初から文章量(頁数)は気にしないということでしたらいいですが、しっかり文章量(頁数)を決めておく場合は、録音時間は計算上より多めに想定しておいたほうが無難でしょう。

録音した音声をテープ起こしする

電子書籍の内容について話した内容の録音が終わったら、テープ起こしを行います。テープ起こしは自身(自社)で行うか、専門業者に外注するかになります。

ご自身(自社)で行えば外注費は節約できます。ただ、テープ起こしはけっこう面倒な作業です。同じ量の原稿を執筆するのに比べたら、はるかに楽ですし短時間で済みますが、それでも忙しい方にはテープ起こしは大変な作業になります。

一方、テープ起こし業者に外注すれば費用はかかりますが、手間はかかりません。どちらがいいかは、電子書籍を作成される方の都合によって決めていただければいいと思います。

なお、わたしども佐藤編集事務所でもテープ起こしをお受けすることは可能ですので、よろしければお問い合せください。テープ起こしは有料にはなりますが、同じ量の原稿をプロのライターに執筆してもらうよりは、断然安く済みます。

当事務所がご提供しているテープ起こしの料金起こし方見積り実績などは、サイト内でくわしく説明していますので、ぜひご覧ください。

起こした文章を加筆・修正する

テープ起こしが終わった文章は、そのまま電子書籍の原稿にできるのが理想ですが、なかなかそうもいきません。

人の話を耳で聞いているときは、耳から入った情報がどんどん流れていくので、全体的に「こんなことを言っているんだろう」と、なんとなく理解してしまうものです。

しかし、テープ起こしして細部まで文字に起こして文章にすると、話の矛盾や意味不明な箇所、重複した箇所なども明確になってしまいます。その結果、起こした文章を読んでも、理解しづらい内容になりがちです。

また、いくら細かい目次を作って、それに沿って話したとしても、どうしても話が抜けたり、内容が薄くなってしまったり、あるいは後から追加で盛り込みたくなる内容もあります。

そのため、テープ起こしした文章は、電子書籍にするにあたって、加筆・修正が必要になります。イメージとしては、作文や論文の添削のような作業です。

実際に加筆・修正をやり始めてからの注意点としては、細かい箇所にこだわりすぎると、キリがないということです。もちろん、細部まで徹底的にこだわってもいいのですが、いつまでたっても加筆・修正が終わらないという事態になってしまいます。特に、几帳面な性格の方は、加筆・修正が必要以上に行き過ぎないよう、気を付けながら作業されることをおすすめします。

目的や予算に応じて編集・デザインする。

テープ起こしした文章の加筆・修正が終わったら、電子書籍としての体裁を整える作業になります。

まず、録音に際して作った目次を参考にして、電子書籍の「目次」も作成しましょう。次に、目次をもとにして、起こした文章に見出しを入れます。

ここから先は、電子書籍の内容、発行の目的、どれくらいの完成レベルを目指すか、それから予算にもよりますが、本のデザインをしていきます。内容によっては、図版や写真、イラストなども入れることも検討します。Wordのような文書作成ソフトでもデザインは可能ですし、電子書籍に適した編集ソフトを使ってもよいと思います。予算に余裕があれば、外注して仕上げてもらうのもよいでしょう。

電子書籍化し発表または発売する。

電子書籍のファイル形式は多数あり、ePUB(イーパブ)、.book(ドットブック)、XMDFなどのほか、PDFも電子書籍のフォーマットに使用されます。どれがいいかは、作成した電子書籍をどのように(どこで)、発表、販売、読んでもらうのかによって、最適なファイル形式をお選びください。

まとめ

テープ起こしを利用した電子書籍について、メリットや作成手順について、ご説明いたしました。

現在、電子書籍の普及は当初想定されたほどのスピードではないものの、確実に紙の本から電子書籍へのシフトは進行しており、この流れはもう止まることはないでしょう。

また、電子書籍は紙の本とは異なる戦略のもと作成されることも多いです。例えば、1つのテーマについて、さほどページ数も多くなく、また時間も費用もかけずに情報発信したい。このようなときは、紙の本よりも電子書籍のほうが都合がよかったりします。

こうした電子書籍には、じっくり原稿執筆するよりも、テープ起こしを利用して軽いフットワークで、速く、安く、簡単に作成するのが適しています。

実際、テープ起こしを活用して電子書籍を次々と量産して販売したり、マーケティングツールとして利用し、成功している会社も少なくありません。アイデア次第で、これまで紙の本では考えられなかったような展開が期待できます。そのきっかけとして、本記事がご参考になれば幸いです。

関連記事

テープ起こしを活用し、顧客事例を低料金で簡単に作成する

【格安料金】テープ起こし発注・無料見積

当サイトの専用フォームから、テープ起こしの発注および無料見積を今スグにお申込みできます。テープ起こしの専門オフィスである佐藤編集事務所では、30年以上にわたり格安料金でのサービス提供を続けております。

  • ●業界水準より低い格安料金です
  • ●料金支払は納品後の後払いです
  • ●お見積りは無料です

 

リーズナブルな料金で高品質のテープ起こしをお探しでしたら、ぜひ当事務所のテープ起こしをご利用ください。「テープ起こし発注/無料見積」のボタンをクリックすると、お申込みフォームへ移動できます。


テープ起こし発注/無料見積

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.