ブログ

歯科のテープ起こし実績は業界トップクラス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科のテープ起こし

6月4日と言えば、むし歯予防デーを思い浮かべる方も多いかと思います。時代の変遷とともに名称はいろいろ変わって、2013年からは「歯と口の健康週間」と呼ばれているようです。

近年はむし歯予防の意識も浸透してきて、むし歯で悩む方、特に子どものむし歯が減ってきたりしています。その一方、高齢化が進んでいることもあり、むし歯よりも歯周病など歯肉のトラブルを抱える人が増えていますね。

歯科関連のテープ起こし

歯科の実績は業界でもトップクラス

顧客は歯科出版社・メーカー・大学

医療系のテープ起こし(文字起こし)をお受けしている当事務所では、これまで歯科に関連するテープ起こしも多数お受けしてきました。恐らく、テープ起こし業者の中では、歯科テープ起こしに関してはトップクラスに入る実績ではないかと思います。

というのも、当事務所は歯科関連の出版社、歯科メーカー、歯科大学・歯学部から多年にわたり、歯科分野の書籍、雑誌、各種印刷物の編集・ライティング・テープ起こしの仕事を受けてきたためです。

予防歯科関連は数百件以上

歯科といってもいろいろな分野があります。当事務所では、これまで歯科のどのような分野のテープ起こしもお受けしてまいりましたが、もっとも多いのは予防歯科の分野になります。

もちろん、歯科治療や矯正歯科などに関連するご依頼も多数ありますが、テープ起こしの対象となりやすいテーマとしては予防歯科になるのかもしれません。

ちなみに、正確に数えたことはありませんが、予防歯科関連の講演や歯科衛生士さんへの取材・テープ起こしは数百件以上になると思います。

口腔ケア関連の依頼も増えている

歯科の学会、スタディグループ、展示会、セミナーをはじめ、多数の歯科医院にも取材等で訪問しています。なかでも歯科の講演・セミナーは、最盛期には全国各地で開催の年間100本以上に参加し、取材・録音・テープ起こし・記事作成を行ってまいりました。

また近年の傾向ですと、訪問歯科、口腔ケア、口腔リハビリ、摂食・嚥下など、高齢者の口腔と全身健康に関わるテーマに関するテープ起こしも増えています。

ただし、この分野は歯科からの依頼もありますが、医療・看護からの依頼のほうが現状では多いです。

歯科のテープ起こしを依頼するには

依頼フォームをご利用ください

歯科関連のテープ起こしを当事務所に依頼する、または見積もりを頼みたいという場合は、どうすればよいかをご説明します。

当サイトには、テープ起こしの依頼フォームが設置されていますので、そちらに必要事項を記入して送信ください。見積もり希望の方は、フォームのメッセージ自由記入欄に「見積もり希望」と「録音時間」を記していただけましたら、お見積もり金額をメールでご提示します。

なお、テープ起こし料金は録音分数に応じて1分単位で計算しますので、お見積もりをご希望される場合は、分単位の録音時間を記していただけますようお願いします。

まだ録音は行っていないなど、分単位の録音時間がわからない場合は大よその時間、予定の時間でも結構ですが、その際はお見積もりも概算になりますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*